赤い海の味覚|手間の掛からないかにを選んで美味しく食べる
かに

手間の掛からないかにを選んで美味しく食べる

赤い海の味覚

カニ

海に囲まれた島国の日本には、かに好きが多いかと思います。かににはいくつか種類があるので、食べ比べをしても良いでしょう。具体的にはタラバガニやズワイガニ、毛ガニに花咲がになどがあります。タラバガニはオホーツク海や知床半島の沖合に多くいて、鱈が獲れるエリアでもあるため鱈場という名前が付けられました。両足を広げると1メートルを超えるものもあり、足身は太くしっかりしているので、キングクラブ(かにの王様)という別名が付いています。食べごたえがあるので、通販購入や店舗でも人気のかにになります。高級ホテルのビュフェでも特集されていることがあります。ズワイガニは産地により松葉ガニ・越前ガニとも呼ばれたりします。オホーツク海沿岸から沖合に多く、旬の時期は5~6月になります。北海道で消費されるより本州に運ばれ名前を変えて販売されることが多いです。9~10月も美味しく食べられます。最近通販でよく選ばれているのが毛ガニです。毛ガニはヘアークラブという英名も付いている通り甲羅から足先まで短い毛で覆われています。毛ガニは他のかにより小さいので、身が少なくてあまり楽しめないのではと思っている人もいるのではないでしょうか。実はみそが一番美味しいと言われているかになので、通販や専門店でも常連やかに通から選ばれているのがこの毛ガニになります。貝や昆布などを沢山食べて育った毛ガニのみそは、甘みがありとろけるような舌触りになっています。通販で用意されているかにはどれも食べやすくなっていますが、毛ガニは酒のつまみとしても人気のかになので、あらかじめ茹でてあり解凍してすぐに食べられる点は便利で嬉しいと言えます。